BigQuery CSVファイルからBigQueryに取り込む

BigQueryでCSVファイルからBigQueryに取り込む

ファイルをBigQueryに取り込む方法はいろいろあるが、まずはCSVファイルをアップロードする方法から紹介する。

データセットを指定してテーブルを作成をクリック

最初に取り込んだデータのテーブルを配置したいデータセットを選択しておき、その後にクエリエディタの下にある「テーブルを作成」をクリックする

ファイルやテーブル名を指定する

テーブルの作成ダイアログが開くので、以下の順番で実行する

  1. テーブルの作成元を「アップロード」にする
  2. 「参照」をクリックしてアップするファイルを指定する
  3. ファイル形式が「CSV」になっていない場合は指定する
  4. テーブル名を指定する。プロジェクト名やデータセット名はその時選択されているデータセット名が入るがこの時点で変更できる
  5. スキーマの「スキーマと入力パラメータ」にチェックを入れる
  6. 「テーブルを作成」をクリックする

正しく行われていれば、4で指定したテーブルが作成される

注意点

ローカルでCSVを更新してもテーブルには反映されないのでアップしなおす必要がある。更新を即時に反映したい場合はGoogleドライブから取り込むようにする

スキーマが意図しない結果になる場合はCSVファイルを事前に綺麗にしておくか、取り込んでからCASTで変換する

2020年1月19日SQL TIPS

Posted by shinu